たまりば

  旅行・観光 旅行・観光  その他 その他

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2019年08月13日

高速道路での酷い煽り運転は殺人級の罪だと思う

最近ドラレコやSNSが普及して、煽り運転やマナーの悪い運転が撮影された動画がSNSやYoutubeでアップされているのは有名な話である。

僕も学習の一貫で時々Youtubeでアップされた煽り運転やDQNの行動を見て注意するようにしている。

ニュースでも時折煽り運転をされて被害にあった運転手の動画が流れるが、その8割以上が高速道路による煽り運転のニュースだ。

高速道路は道路の中でも非常に危険なゾーンで、殆どの車が80キロ以上のスピードで走っていて信号も殆どないため、

途中で停まったりなんかしたら後続車に追突される危険性が非常に高く、命の危険にさらされる。

高速道路での酷い煽り運転は、無理やり割り込もうとしたり、急な減速で被害者を困らせる。

変則的な運転で被害者を煽ったあげく、途中で停車させられて車を降りて被害者側へ向かって罵声を浴びせに来るのだ。

窓を開けると加害者は何をしてくるか分からない。この時思ったのが、絶対に窓を開けないことと、路肩以外には絶対に車を停めないことだ。

もし停まらざるを得なくなった場合は、加害者側の車に突っ込んでも左の路肩に寄せることだ。

命を落とすよりもマシな行為だと自分は思っている。そこから危険でない場合は車に閉じこもって110番や119番に通報して助けを待つ。

車内が危険な場合は防衛用の武器や防具代わりになるようなものがあればそれを持って車を降りて加害者と戦うという選択肢もある。

マナーを守って運転してほしいが今の御時世DQNはいるので被害に遭わないようにしたいものだ。  


  • Posted by akimonzoh at 14:23Comments(0)